気象衛星・赤外画像

     
    本研究プロジェクトの実施機関である熊本大学は、熊本市の壺川地区をモデル地区として、地域住民・地域行政との双方向のコミュニケーションによる水害に対する地域防災力の向上に取り組んできています。

 本研究課題「地域水害リスクマネジメントシステムの構築と実践」(代表:熊本大学 教授 大本照憲)は、平成20年度に文部科学省安全安心科学技術プロジェクトとして採択され、地域のニーズに即した水害に対する実践的なシステムの構築を進めています。

 本サイトでは、平常時からの地域の皆様を対象とした防災教育から、非常時の情報提供・安否確認システムを収めています。

 サイト管理人

コンテンツの説明

  プロジェクトの取り組みに関する経緯と、プロジェクトで実施予定の内容の紹介です。  本研究のモデル地域である人吉市温泉地区に設置している雨量計・水位計・ライブカメラをリアルタイム表示しています。
  本研究のモデル地域である熊本市壺川地区に設置している雨量計・水位計・ライブカメラをリアルタイム表示しています。   本研究のモデル地域である天草市崎津地区に設置している気圧計・水位計・ライブカメラをリアルタイム表示しています。
 本研究のモデル地域である熊本市若葉地区に設置している雨量計・水位計・ライブカメラをリアルタイム表示しています。 本研究に関連する機関などのリンクです。 
   
    サイトに関するご意見・お問い合わせは、サイト管理者までお願いします。
Copyright (C) 2009 Kumamoto University and Kumamoto City Office, all rights reserved